Asprova APSとは

Asprova APSシリーズは、受注・製造・購買に渡る、長期・中期・短期の生産計画全体をサポートする、 旧来の生産スケジューラーの概念を超えたAPS(Advanced Planning and Scheduling)システムです。 旧来の生産スケジューラーとしてのAsprovaは、製造工程のみの短期スケジューリングの機能を提供していました。 Asprova APSは、この生産スケジューラーの機能をさらに拡張しました。Asprova APSは、まず長期スケジューリングにより 年度計画や(3ヶ月)生産準備を行い、それに連動して短期スケジューリングを行うという実際の業務に近い環境を提供し、 かつ、製造工程だけでなく、受注・購買までをスケジュールし、ユーザ様に、より高度なトータルリードタイム短縮・在庫削減効果を提供します。

Asprovaの生産スケジューリング機能

多品種多工程の生産計画を超高速に作成する生産スケジューラーです。 機械や人員の負荷を考慮しながら、工場の中の一台一台の機械や一人一人の人員の明日から先の生産計画を秒単位の精度で作成し、 実行可能な作業指示を出力します。数ヶ月先にわたって精度の高い生産計画を作成し、目で見る管理を実現し、 さらに、製造リードタイム短縮、在庫削減をしつつ、納期遵守率を向上させ、お客様の利益増大を推進します。

Asprova APSは、旧ASPROVA Ver9に比べてさらに高速です。 作業数10万におけるスケジューリングスピードは約4倍です。これにより、計画サイクルを短縮し、 時々刻々変化する製造現場の最新の状況を素早く確認できます。

豊富なGUI機能

スケジュール結果は、ガントチャートにグラフィカルに見やすく表示され、「目で見る管理」を実現します。 現状の進捗状況から数ヶ月先の生産計画までを一目で見ることができ、これにより、迅速で正確な納期回答が可能になります。 さらに、先のスケジュールを監視して先手を打つことにより納期遅れを未然に防ぎます。 ボトルネックを監視してスループットを向上させます。そして、設備負荷を監視して最適な設備増強計画が可能となり、 製造投資効率を向上させます。

 詳しくは生産スケジューラーのアスプローバのホームページにてご確認下さい。